幼児英語教育のススメ!ベストな子供英会話教育は?-ディズニー英語システムDWEの評価と感想

0歳~3歳までの驚異的な英語学習能力

子供が生まれた時は、
どんな子供も言葉を話すことができません。

 

 

そこから徐々に言葉を覚え、言語を覚え、
話をするようになっていきます。

 

 

その時期はいつかというと、0歳~3歳の時期です。

 

 

子供はこの時期に言葉を学んでいきます。

 

 

とはいっても、言語の勉強をするわけではありませんよね?
私達も日本語を話せるようになるために、
日本語の勉強をしてきたわけではありません。

 

 

自然と成長過程の中で学んでいき、
自然と日本語を話せるようになってきました。

 

 

 

0歳~3歳の時期の子供の脳は、
スポンジのようにあらゆる物を吸収する力を持っています。

 

言語も同様に、その時期に見たり聞いたりしたものを
そのままま吸収し習得していくわけです。
しかも驚異的なスピードで。

 

 

子供は言語だけではなく、0歳~3歳の時期に
身の回りにの環境にあったもの全てを別け隔てなく吸収していきます。

 

お母さんの癖や習慣までも真似して吸収していきますよね?

 

 

つまり、0歳~3歳までの間に身の回りにあるものは、
全て吸収していく力を持っているということなのです。

 

 

 

そのため、この時期に子供の環境に英語を置いておけば、
それを日本語を学ぶのと同じスピードで吸収していきます。

 

アメリカ人やイギリス人、オーストラリア人が英語を覚えていくように、
子供の環境の中に英語を置いておくことで、
ネイティブのように英語を吸収していくのです。

 

 

それが出来るのが、0歳~3歳の時期なのです。

 

 

 

今お子様が0歳~3歳の時期で、
英語を学ばせようと考えてこちらをご覧になっているあなたは、
とても大きなチャンスに出会っていると言ってもいいと思います。

 

 

なぜなら、0歳~3歳の時期というのは、
一生戻ってこない時期だからです。

 

 

本当ならば国の制度などで幼児期に英語を学ばせる環境を整えてあればいいのですが、
残念ながら現状ではそうはないっていません。

 

ですから、子供に学ばせるためには親が気づいてあげないといけないわけです。

 

 

でも、子供がまだ小さい時というのは、
色々と手間がかかりますので、なかなか子供の教育にまで
頭が回りませんよね?

 

 

だから、このスポンジのように何でもハイスピードで吸収する時期に
(教育会では「黄金期」と言われています)、
英語環境を作ってあげようという発想にはなかなか至れないんです。

 

 

 

私自身も子供にディズニー英語システムを与えたのは、
子供が2歳6ヶ月になる頃でした。

 

黄金期のギリギリですね。

 

そこまではやっぱり頭ではわかっていても、
なかなか子供の英語教育にまで手が回らなかったんです。

 

 

始めたのが2歳6ヶ月ですから、
黄金期を逃さなくてよかったという気持ちはありますが、
その反面もっと早くやっておけばよかったという気持ちもあります。

 

 

というのも、2歳6ヶ月という黄金期の終盤に始めたにも関わらず、
その英語の習得スピードが想像以上に早いんです。

 

教材を始めてからたった3ヶ月ほどで英語の言葉遊びを始めて、
半年後にいくつかの簡単なフレーズを使えるようになっていました。

 

それこそ親ばかですが、「この子って天才かも!?」なんて
思ってしまいそうになります(笑)

 

 

でも天才とかそういうものではなく、
この時期に英語を始めれば誰でもそれくらいの成長を見せるものなのです。

 

 

もしもっと早く始めていたらどれくらい上達したんだろう、
子供の成長の早さを目の当たりにすると、
そういう気持ちをやっぱり持ってしまうんですよね。

 

 

とはいえ、この時期に英語教育を始めたのは大正解だと言い切れます。

 

 

 

あなたのお子様も例外ではなく、
何でも吸収する黄金期を持っています。

 

その時期に英語環境を与えることは、
子供にとって生涯に繋がるメリットになるのは間違いありません。

 

 

>> 【その3】「子供が英語を覚えるまでに必要な時間は?」へ

今ならディズニー英語システムのサンプルが無料プレゼント!

ディズニー英語システムのサンプル無料プレゼント中!!

今ならディズニー英語システムの教材が無料で貰えます!
内容がわからないから不安だという人でも、無料で試せるので安心だと思います。
というか、無料プレゼントだけでも、十分教材として使える内容なので、これは凄いです!

無料プレゼントへの申込みは下記からになります。