幼児英語教育のススメ!ベストな子供英会話教育は?-ディズニー英語システムDWEの評価と感想

子供が英語を覚えるまでに必要な時間は?

では、子供が英語を習得するまでに
どれくらいの時間を必要とするのでしょうか?

 

 

その前に、あなたは「10000時間の法則」というものを知っていますか?

 


10000時間の法則

 

マルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で、偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など何かの分野で天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち込んできた時間が関係しているというもの。

 

参照:"天才"に生まれ変わる「10000時間の法則」

 

 

誰でも10000時間何かに打ち込むことができれば、
その道のプロフェッショナルになることができると言われます。

 

 

語学だってそうですね。
一定の時間を語学学習に打ち込むことができれば、
誰でも語学は習得することができます。

 

 

もちろん英語を覚えるためには、
天才と呼ばれるほどの能力は必要としてません。

 

 

 

では、語学を習得するまでの時間はどれくらい必要なのかというと、
それは2000時間と言われています。

 

 

大人でも2000時間語学の勉強に当てることができれば、
語学を習得することができます。

 

とはいえ、そこはやっぱり大人ですから、
語学の習得以外にも色々やることがたくさんあり、
時間的な制約がありますよね?

 

 

例えば、1日1時間語学の勉強に使った場合。
約5年半かかることになります。

 

不可能な数字ではありませんが、
やっぱりそれくらいかかるのかというのが本音ですよね。

 

 

 

しかし、これが子どもとなると話は違ってきます。

 

 

まず子供、特に0歳~3歳の幼児期となると、
語学習得に使える時間がたくさんあります。

 

その時期は基本的には家で親と過ごす時間が多いものです。
その中から時間を捻出するのは難しくはありませんよね?

 

 

例えば、1日3時間使えた場合。

 

約2年弱で語学を習得出来てしまいます。

 

 

 

更に幼児期の場合、語学の習得スピードも
大人の比ではありません。

 

それを考えると恐ろしいまでのスピードで
英語が話せるようになっていきます。

 

 

 

実際、ディズニー英語システムを学んでいる人は、
その成長スピードにびっくりすると言います。

 

私の経験からいってもそれは実感しており、目に見えて成果がわかりますので、
成長度合いを見ているだけでも楽しくなってきます。

 

 

また幼児期の場合、脳も柔軟で音からどんどん吸収していきますので、
発音もネイティブ並の発音になっていきます。

 

これはやっぱり大人では実感できないことですよね。

 

 

 

こうしたスピード学習の成果やネイティブ並みの語学力を実感できるのも、
0歳~3歳という教育の黄金期と言われる時期だけなのです。

 

 

特にディズニー英語システムの場合は、
かなりネイティブ英語を意識した学習システムになっています。

 

発音も訛りのある英語ではなく、
ハーバード大学の有名な言語学者の博士が手掛けたプログラムですので、
発音も非常に綺麗
です。

 

 

ディズニー英語システムで学んだ子供が、
小学生や中学生になって英語の授業でスピーチをすると、
帰国子女に間違われたという話は耳にタコができるくらい聞いた話です。

 

 

それくらいネイティブと同等の英語力を身につけることができるのです。

 

 

そして、それが効果的に身に付けられるのも、
0歳~3歳の黄金期の特権です。

 

この時期に英語を学ぶことは、単に英語を身につけるだけでなく、
どこに出しても恥ずかしくないレベルのネイティブ英語を身につける
大きなチャンスと言えるのです。

 

 

>> 【その4】「家庭学習と英会話スクールの違い」へ

今ならディズニー英語システムのサンプルが無料プレゼント!

ディズニー英語システムのサンプル無料プレゼント中!!

今ならディズニー英語システムの教材が無料で貰えます!
内容がわからないから不安だという人でも、無料で試せるので安心だと思います。
というか、無料プレゼントだけでも、十分教材として使える内容なので、これは凄いです!

無料プレゼントへの申込みは下記からになります。